大腸内視鏡検査の流れ

当院での大腸内視鏡検査について

当院では大腸内視鏡検査を電話1本で予約して受けられますが、前日の食事など若干注意していただいた方が良いことがあります。さらに当院では、検査用下剤の種類や検査時の鎮静剤の使用などについて患者さんご自身のご希望を聞き、医学的に問題の無い限りはご希望に添うようにしております。細かい内容は次のページに書いておきますので、検査を予約する際には是非ご一読下さい。このページには、大まかな大腸内視鏡検査の流れについて書いておきます。

大まかな大腸内視鏡検査の流れ

大腸内視鏡検査を行うには大腸をきれいな状態にする必要があり、そのために約2リットルの腸管洗浄液(下剤)を2時間くらいかけて飲んでいただきます。検査の流れと注意点は大まかに以下のようになります。

 

1. 前日の食事について

 現在使われている検査用下剤では、原則として検査前日の食事に制限はありませんが、繊維質のものは腸の中に残って検査がしづらくなる場合があります。特にキノコや海藻などはそのままの形で残ります。そのため、なるべく以下のような食事の注意を守っていただいた方がきれいに検査ができます。

 前日の食事は朝食から野菜や海藻などの繊維質のものを避け、遅くとも午後8時までに夕食を済ませます。その後は、水・お茶などの透明な水分以外は摂らないで下さい。ご自分で食事を準備できない方には、レトルトの検査食セットをクリニックの受付で販売しております。ご希望により宅配便でお届けすることも可能です。細かい食事の注意については次のページで詳しくご説明します。

2. 検査用下剤の内服

 当日朝から、クリニック(あるいは自宅)で約2リットルの腸管洗浄液を2時間位かけて飲みます。 7〜10回の排便があり、透明な黄色い液体しかおしりから出なくなったら検査を受けられます。ここまで通常2〜3時間かかります。

 ご自宅で下剤を飲まれた場合には、2〜3時間してひとしきり便が出てしまうと、後はあまり便意を感じなくなるので、電車などで来院できるようになります。

3. 検査着への着替え

 検査直前に検査用のパンツ(ご自分でパジャマとパンツを持参していただくこともできます)にはきかえます。

4. 検査の施行

 ご希望により検査前に鎮静剤を注射します。選んでいただいた鎮静剤の強さにより、少しフワッとするだけで普通にお話ししながらご自分でもモニターを見て検査を受けたり、うとうと眠りながら検査を受けることができます。詳しくは次のページでご説明します。検査は通常15分ほどで終わります。

5. 検査終了後

 検査終了後は、鎮静剤を使っていなければすぐに帰れますが、鎮静剤を使った場合には院内で1〜2時間休んでいただきます。また、鎮静剤を使用した場合には、当日は車・バイク・自転車を運転することはできませんので、公共交通機関で来院されるようお願い致します。

 ポリープ切除のない場合には、検査後すぐに普通のものを食べて構いません。生活上の注意も特にありません。

6. ポリープを切除した場合の食事・生活上の注意

 ポリープを切除した場合には、当日は透明な液体(水・お茶など)しか摂れません。翌日はレトルトの検査後食セットを食べていただきます。切除後1週間は旅行・アルコール摂取を控える必要がありますのでご注意下さい。

次のページには詳しい注意点やご自分で選んでいただく内容を書いてありますので、検査までにお読み下さい。

ページトップへ