当院の痔の基本的な治療方針

(なるべく切らない痔の治療)

痔のほとんどは薬でおさまりますが、中には手術などの処置が必要なものもあります。当院では、どうしても切らないと治せないもの以外は、なるべく切らずに治します。
もちろん、痔によっては切る以外には根治させる方法がない場合もありますが、それでもどうしても切りたくない場合は、最善の切らない治療法で様子をみます。

(痔の日帰り手術)

もし切る手術が必要な場合でも、お仕事への影響を最小限にできるよう、可能な限り日帰り手術とします。ただし、日帰りだからと言って痛みがないわけではなく、ご自宅で痛み止めを飲んで我慢する手術と思ってください。ですから、お仕事は5〜7日間のお休みを取ることをお勧めします。

(入院が必要な手術の場合)

手術の程度によっては、術後に痛み止めの注射を打ったほうが楽な場合もあります。そのような場合、日帰りですと飲み薬の痛み止めしか使えずつらい思いをしますので、注射の痛み止めが使えるように、提携病院への入院を手配いたします。その場合、当院で手術をしたのちに、提携病院にタクシーで移動して2泊入院することになります。

(他院へのご紹介が必要と判断した場合)

ほとんどの肛門疾患は当院で治療・手術可能ですが、あまりに複雑な痔瘻や、心臓疾患などの重大な合併症のある場合は、総合病院へご紹介する必要があります。当院は、大腸肛門病治療に特化している東京山手メディカルセンター(旧・社会保険中央病院)の大腸肛門病センター外科と連携しており、ご希望の方にはご紹介しています。もちろん、ご希望によりその他の医療機関への紹介も可能です。