便やおなかの症状でお悩みの方 | 世田谷区 二子玉川 おしりの治療と無痛大腸内視鏡検査|ニコタマ大腸・肛門クリニック
世田谷区 二子玉川 おしりの治療と無痛大腸内視鏡検査|ニコタマ大腸・肛門クリニックトップ画像 世田谷区 二子玉川 おしりの治療と無痛大腸内視鏡検査|ニコタマ大腸・肛門クリニックトップ画像 世田谷区 二子玉川 おしりの治療と無痛大腸内視鏡検査|ニコタマ大腸・肛門クリニックトップ画像

便秘や下痢で落ち着かない毎日を、
お薬を使って楽にすることを
目指します。

  • 院長プロフィール
  • 写真による院内紹介
  • 当院の診療の特色
  • 診療時間と地図

黒田敏彦

院長 黒田敏彦
東京大学医学部 大腸肛門外科非常勤講師
日本大腸肛門病学会 専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本臨床肛門病学会 技術認定指導医

ドクターズブログを見る

「うまく便が出ない」、「何度もトイレに行きたくなる」、「便が漏れて下着が汚れる」。 そんな症状で悩んでおられませんか?  おなかやおしりの悩みは毎日のことなので、日々の仕事や暮らしに影響が出ます。そんな症状を薬で調節して、快適に過ごせるようにすることを目指します。

便秘でお悩みの方へ

便がなかなか出ない便秘の症状は、女性に多いと思われるかもしれませんが、男性でもご高齢の方に増えています。女性では若い時から便秘に悩む方が多いのに対し、男性では年齢とともにしだいに便秘になる傾向があります。このように一口に便秘といっても人さまざまで、その方に合う便秘薬を探すことが重要になります。これをせずにただ下剤を処方するだけでは、薬を飲んでも一向に出ないとか、飲めば出るが腹痛や下痢があって大変ということになりかねません。詳しくは便秘のページをご覧ください。

下痢でお悩みの方へ

逆に、トイレに何度も行きたくなったり、下痢や腹痛が続いてお悩みの方も多いです。このような場合、腸の動きが活発になりすぎる過敏性大腸や慢性の腸の炎症によって起こる潰瘍性大腸炎、クローン病などが考えられます。当院では初診時にすぐに肛門や直腸を診察し治療を開始します。繰り返す下痢のほとんどは過敏性大腸と診断され、まずお薬で様子をみることになります。腸の炎症やポリープなどを疑うのはごく一部ですが、その場合は大腸内視鏡検査を行って診断します。詳しくは下痢の症状のページをご覧ください。

便のもれでお悩みの方へ

さらに、便がもれて下着を汚してしまうという症状もご高齢の方に増えています。男女ともに見られますが、女性では早いと50歳前後でもれる方もいます。このような症状もお薬で改善する場合がありますので、お困りの方はご相談ください。詳しくは便もれのページで解説します。

便秘と下痢を繰り返す方へ

排便の調子が悪い方の中には、便秘と下痢を繰り返すということもよくあります。このような方は、便秘が主体の場合と、過敏性大腸による下痢が主体の場合などがあり、大腸がん隠れていることも稀にあるため、症状にあった薬での治療と、場合により大腸内視鏡検査が必要です。

詳しくは別のページで解説します。

  • 当院のご案内
  • 診療予約はこちら

クリニック
からの
お知らせ

こんな症状でお悩みではありませんか?

それぞれ専用のページでご説明しますので、リンクのアイコンを押してお入りください。

  • 便秘でお悩みの方へ
  • 下痢でお悩みの方へ
  • 便もれでお悩みの方へ
  • 便秘を繰り返す方へ

症状・病名をチェック

こんな症状のある方はご相談ください。

  • 排便時に出血する(紙につく、便器にたれる、便に混ざっている)
  • 排便時に肛門が痛む
  • 排便時に肛門が脱出してくる/指で押し戻している
  • 便が出づらい/便が残っている感じがして何度もトイレに行く
  • 便が細くなって来た
  • 健診で便に血が混じっていると言われた(潜血反応が陽性だった)
  • 肛門がいつもジクジクする/分泌液や膿(うみ)が下着につく
  • 肛門のまわりが急に腫れてきて痛む

このページのトップへ